人気ブログランキング |

灯りワークス / akari works 何かと何かをつなげたり、まとめたり

伊豆大島へ:椿油と親しむ旅

伊豆大島では、椿油に親しんだのでした。

アロマでもハーブでも植物油をしばしば使いますが、実のところやや苦手意識がありました。実感がないというか…親しみがわかないというか…。

一方、これまでの私の暮らしをふりかえってみると、味噌だって、梅干しだって、自分でつくったら、それはそれは愛おしいものになったのでした。これはきっと、自分でつくってみればいいんだわ!といつか油を搾ってみたいと思っていまして。伊豆大島に行くのを機に念願の椿油絞り。伊豆大島ふるさと体験館にて。


椿の実は、秋にとれる。この茶色い殻の中に後ろに写っている実が入っている。
a0198728_11283883.jpg


伊豆大島郷土資料館のおじさんによると、実を拾い集めて製油所に持っていくと、油と交換してくれるんだとか。椿は畑仕事がしんどくなったおじいちゃんおばあちゃんの収入源でもあるらしい。
(余談ですけど、旅先では郷土資料館に行くのが好きです。伊豆大島の資料館はおじさんがいろんな話をしてくれてとってもおすすめ。おもしろかったなー)

昔ながらのやり方で体験。椿の実をつく!かなり重労働。次第に油分が出てしっとりと。そして甘い香りがしてきます。
a0198728_11294345.jpg


ついた後。実の中身はきいろ。
a0198728_11294027.jpg


そして蒸した後に…絞る!この方法だと採油率は25%ほど。
a0198728_11425049.jpg


最後はアシタバを炒めてくださって、いただきましたー。そして絞った油は持ち帰り!
a0198728_11313111.jpg


 * *

この日、高田製油所にも行ったのでした。
お店かと思っていたら普通の作業場で…「は、入っていいんですか??」とおそるおそる入りましたけど、親切に迎えてくださいました。そして解説付きで作業場見学をさせていただいて、とっても勉強になりました!

油が出るのは実の中の黄色い部分なのですが、「殻も使うところが、いいと思っている。実の全体をつかって殻に含まれる成分も抽出することで相乗効果があると思う」という主旨のことをおっしゃっていて、ハーブで学んだこととリンクしました。

椿油も植物の恵みなんだなぁ。植物を使わせていただいているんだって、実感しました。
by kon-kei | 2014-05-23 19:16 | 【旧】旅