灯りワークス / akari works 聞く、書く、考える、切り取る、編む、事務局をする。1歳娘の母をする。

友引縁日―和の家 櫻井ー

 8月最後の日曜日。
 武蔵境に行ってきました。

 行き先は、「和の家 櫻井」。古民家です。

 ここで「友引縁日」というイベントがあり、
 なおかつツリーハウス(なんと和室。)のお披露目会があるということで。


a0198728_20573391.jpg


 遠景。道路を挟んでみるとこんな感じ。

  
a0198728_20573058.jpg


 近づくとこんな感じ。
 にぎわっています。広い庭に広いおうち。蔵もある!
 

 古民家のなかを撮りわすれてしまいました。
 
 古民家入口で再会したのは、アロマセラピストのなちゅらさん。 
 念願の米ぬかホットパックを手に入れました!

 国産精油に切り替えられるお話、うかがえて、よかった。

 ほかにも、消しごむはんことか、羊毛フェルトとか、
 バイオダイナミック農法のハーブとか。


 そして。

a0198728_20573495.jpg


 ツリーハウス。漆喰の壁。


 なによりも。
 大人たちが楽しそうでしたね。


 それから。
 蔵の中はミニコンサート会場。

 アイリッシュバンド「トリコロール」、とても良かった。

 よく響く空間で。
 人と人との距離が近くて。
 なんとなく「包まれている」かんじ。

 なんでだろう、ぐっ ときてしまいました。

 頭に思い浮かぶのは、尊敬する方のこと。
 彼は、2日前に天国に行ってしまった。

 「つながり」を感じたからでしょうね。
 縁日で売られているものは、作り手の顔が見えて、循環が感じられる。

 人と人とが近い空間で。
 音楽を媒介としてつながって。

 こういうふうにしてあの方も生きてきた瞬間があったのかな。


 わたしなんかは本当に小さくて、なにもできないし、
 おこがましいことだけれども。

 それでも彼が発する言葉が好きで、共感して、影響を受けたならば。
 少しでもすこしでも近づけるだろうか。
by kon-kei | 2011-08-28 20:56 | 【旧】日々、徒然