灯りワークス / akari works 聞く、書く、考える、切り取る、編む、事務局をする。1歳娘の母をする。

映画「幸せの経済学」

グローバリゼーションとローカライゼーション。
ちょっと気になるキーワード。

「幸せの経済学」という映画の試写会があるそうです。
午後の部のトークテーマ、【食、健康、子育て】が気になるなぁ。



http://www.shiawaseno.net/archives/227

○******* 懐かしい未来 主催 ********************************○

映画「幸せの経済学」完成試写会 & 
ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさん 来日特別トーク!

○************************************* 2011/2/23 立教大学 **○

世界数十ヶ国でロングセラーとなっている『懐かしい未来』の著者であり、世界の
ローカリゼーション運動のパイオニアであるヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんの最
新ドキュメンタリー「幸せの経済学」が、 5年の歳月をかけ、ついに完成致しまし
た。ヘレナさんの来日にあわせて、2月23日に、 完成試写会&来日特別トークを開
催いたします。

トークゲストはサステナビリティー活動家の丹羽順子(koko)さんと、ドキュメンタ
リー映像作家の鎌仲ひとみさん。昼と夜の二部構成で、映画上映後、昼の部は丹羽
順子さんと【食・健康・子育て】をテーマに、夜の部は鎌仲ひとみさんと【お金・
働き方・エネルギー】をテーマにそれぞれトークを行います。
お2人を引き出し役に、現在国内外で起きつつあるローカリゼーション・ムーブメ
ントについて、またそれが社会全体や身近な生活のなかでどう関係しているのか、
そしていかに実現していくのか、といったお話していただきます。

また、見る人に気づきを与え続ける映画「懐かしい未来」ダイジェスト版も特別に
同時上映。物販では、長らくお待たせしました原著「懐かしい未来」の増補再版を
ついに発売!などなど、盛りだくさんのイベントになっております。

ヘレナさんの生のお話が聞ける貴重な機会、ぜひ奮ってご参加くださいませ。

───────────────────────────────────
■プログラム内容
───────────────────────────────────
日時  :2011年2月23日(水)
第一部13:30~17:00 (13:00受付開始)
第二部18:00~21:15 (17:30受付開始)
会場  :立教大学 池袋キャンパス 14号館301教室
http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
参加費 :一般 1,000円 学生 500円 (当日払い) プレス関係者ご招待
定員  :第一部150名 第二部150名(先着順)(入れ替え制)

第一部
13:30-14:00 「懐かしい未来」ダイジェスト版 上映
14:00-15:20 「幸せの経済学」上映
15:30-17:00  ヘレナさんトーク テーマ【食・健康・子育て】
ゲスト:丹羽順子さん
第二部
18:00-18:30 「懐かしい未来」ダイジェスト版 上映
18:40-19:50 「幸せの経済学」上映
20:00-21:15  ヘレナさんトーク テーマ【お金・働き方・エネルギー】
ゲスト:鎌仲ひとみさん

主催  :NPO法人 懐かしい未来
共催  :ヘレナさん来日上映会実行委員会、トランジション・ジャパン
映画配給:ユナイテッドピープル

★お申し込み・お問い合わせ★
第一部 http://kokucheese.com/event/index/7550/
第二部 http://kokucheese.com/event/index/7554/

───────────────────────────────────
■映画「幸せの経済学」あらすじ
───────────────────────────────────
これまで世界では、国の豊かさを測る指標として 「GNP(国民総生産)」などが
使用され、 経済成長を遂げることが豊かな国の定義だと信じられてきました。
しかし近年、ブータン先代国王が提唱した「国民全体の幸福度」を示す指標「
GNH」(国民総幸福 H=Happiness)など、自然の豊かさや心の豊かさなどを考
慮に入れた指標が数多く提唱され、「モノではない豊かさ」について 多くの人
が関心を持ち始めるようになりました。 この映画は、「開発」という名の近代
化・消費文化の波に翻弄される ラダックの人びとの姿を追いながら、世界中の
環境活動家たちが グローバリゼーション・社会構造の問題点と「本当の豊かさ
とは何か」について紐解いていく内容です。 その中で監督のヘレナさんは、
ローカリゼーションの促進が、 切り離されてしまった人と人、人と自然とのつ
ながりを取り戻し、 地域社会の絆を強めていくと語ります。 実際に世界では持
続可能で自立した暮らしを目指すコミュニティ構築が 広がりつつあり、映画の
後半では、そのムーブメントの事例を紹介しています。既存の世界経済体制が
限界を見せ始め、新たな社会のあり方が模索される中、 持続可能で幸せな暮ら
しをどう作っていくべきなのか。 そのヒントは、土地の自然や人との繋がりか
ら生まれた日本の伝統文化の中にも あるのではないでしょうか。 この映画は様
々な気づきを我々に与えてくれるでしょう。

映画『幸せの経済学』HP: http://www.shiawaseno.net/
by kon-kei | 2011-02-08 11:08 | 【旧】日々、徒然